寝室をリラックスできる空間にするためのヒント集

  1. >
  2. >
  3. 寝室をリラックスできる空間にするためのヒント集

寝室をお気に入りカラーにしてみよう

心身を休めてリラックスする為に、心地良く質の良い睡眠は非常に重要な役割を果たします。
寝室をより快適にする為に、少しの工夫を加えるだけで、よりくつろげるリラックス空間となります。

特に、寝具やカーテンのカラーやデザインを変えるだけでガラリと雰囲気が変わりますので大変お勧めです。
お気に入りの心休まる色やデザイン、和む色で寝室を統一してみましょう。
ふわりと包まれるような感覚で、ぐっすり眠れるかもしれません。

寝室に入るだけでリラックスモードになりますので、毎晩の睡眠が楽しみになることでしょう。
色やデザインを考えるのが難しいという方は、モノトーン系で統一すると失敗が少ないのでお勧めです。

例えばグレーで統一すると、心が自然と落ち着いてゆっくりした時間を過ごすことができます。
鮮やかな色が好みという方は、全体ではなく、アクセントに加えてみると良いでしょう。
統一感のある色でまとめつつ、雰囲気を変えることができます。

季節やイベント毎にデザインやカラーを変えてみるのもお勧めです。
テンションも上がりますし、好きな空間で寝ることは良質な睡眠にもつながります。
あるいは、同じカラーでクッションを沢山置いてみてはいかがでしょうか。
フカフカと気持ち良さがアップしますし、安心感も得ることができますので、ぐっすり眠れると思います。

家具やカーペット等のインテリアを総入れ替えとなると費用も手間もかかってしまいますが、クッションであれば気軽に変えることができますし、色も合わせやすくなります。
クッションがいくつもあるとお洒落感も演出でき、より過ごしやすい空間を作り出せます。
数を増やしていろいろなデザインや素材を楽しんでみてもよいでしょう。

間接照明を利用してやさしい空間を演出

間接照明で部屋の中を照らすと一気にやさしい空間に変えることができます。
やわらかい雰囲気の癒し空間となり、リラックス効果もさらに高まることでしょう。
間接照明はナチュラル感を出すことができますので、寝室内のカラーを統一し、間接照明を取り入れることで、より美しいホテルの中のような幻想的な空間を作ることができます。
間接照明はインテリアとしての価値もありますので、夜の睡眠時以外でも存在感を発揮してくれることでしょう。

また、ときにはキャンドルの利用もお勧めです。
部屋をロマンチックにしてくれることはもちろん、アロマキャンドルであれば好きな香りでリラクゼーションを楽しむこともできます。
寝る時にキャンドルは心配という方には、LED仕様のキャンドルもあります。
火の心配は不要で、持ち運びも簡単にでき、枕元に置いて使用できますので大変お勧めです。