5年後に後悔しない恋愛のコツとは?

  1. >
  2. >
  3. 5年後に後悔しない恋愛のコツとは?

5年後、後悔のない恋愛をしよう

若い時には後悔しても次の恋が次々にやってきて、その先の事を考えないものですが、時間が過ぎていくと、あの時の恋をもっと大切にすればよかった、どうしてあの時、ふってしまったんだろう?と当時の恋愛に後悔することもあります。

人によってはもっとたくさん怖がらずに恋愛しておけばよかったと思う人もいるでしょうし、素直に好きといえばよかったと思っている方も少なくありません。

後悔しない・・・5年先になってからもずっと後悔しているというのはつらいので、後悔しない恋愛をする秘訣を理解しておきましょう。

好きという気持ちを無理におしこめないで

すごく好きだけとこの人と付き合ったら絶対に幸せにならないなどの気持ちから、好きという気持ちを封印してしまう人もいます。
結婚ということを考える年齢というならわかりますが、若い時、結婚はまだ先というお付き合いなら、自分の気持ちに素直になる方が後悔しません。

結婚や出産ということを考える年齢で男性は選ぶべきですが、まだまだ恋愛する年齢という時に、臆病になったり躊躇してしまうのはもったいないです。

色々な男性と会う機会を多くして

段々と結婚する年齢に近づいてから、ああ、こういうタイプの男性もありなのか?と思っても、なかなか恋愛がうまくいかないということもあります。

自分のタイプに固執せず、色々な男性と会って話をするということも大切です。
こういうタイプ苦手・・・と思っていても話をしてみたら、あれ?私案外こういう人好きなのかも?と思う人も出てきます。

今まで考えられないような人と出会って、その中で長いお付き合いになるということもあります。
タイプを限定せず、幅広く男性と会って話をして、どういう考え方を持っているのかを理解することも大切です。

本当に本音がいえる?そういうお付き合いも若いうちに

若い時に、本当に本音を言える人とお付き合いしていると、色々な男性と会って付き合った時、本当に自分に必要な人なのかどうか、見極めることができるようになるといいます。

あまり深い付き合いをすると後で別れた時に辛いとか、これ以上踏み込むと怖いと臆病になって深い恋愛をしないと、傷つくという経験も少なくなり、大人になっても臆病なままになってしまいます。

深いお付き合いから傷つくことがあっても受け止める事の出来る強い精神力を養う、これも若い時の恋愛で磨くことです。
5年後に後悔しない恋愛をするためには、自分に素直に、気持ちにストップをかけず怖がらずに恋愛しておくこと、それによって傷つくことがあっても将来きっと活かせるようになります。