Webデザイナーになるには?

  1. >
  2. >
  3. Webデザイナーになるには?

Webデザイナーになる方法

Webデザイナーを夢見る人は多いと思いますが、Webデザイナーになる為に資格等はありませんので、まずはWebデザインを手がける制作会社に就職して、経験とスキルを身につけることが一般的な方法となります。
もちろんフリーで活躍している人も沢山いる職業ではありますが、やはり経験とスキルが求められる職業ですので、最新の技術や情報を手に入れる為にもWeb制作会社への就職がお勧めとなります。

Webデザイナーを採用する会社では、未経験者をとるところはほとんどなく、ある一定レベルのスキルが要求されます。
その為、Web制作会社への就職を有利にするには、Webデザインの講座があるスクールを卒業するか、大学の情報系学部で学んで基礎知識を身につけておくと良いでしょう。

個人でWebサイトをいくつか作っておくと制作作品として面接時に見せることができます。
また、Webデザイナーは様々なWeb関連の分野と関わってきますので、プログラムや多くの知識を持っていることは就職に有利になる可能性が高まります。

Webデザイナーに必要な知識と技術

Webデザイナーに特に必要な資格はありませんので、自分が「Webデザイナーです」と名乗れば誰でもなることができます。
ただし、これは「Webデザインができる人」または「Webデザインが好きな人」というだけですので、デザイナーに必要な知識と技術があってはじめて認められ、周りからWebデザイナーとして認識されます。
ただソフトを扱えるというだけではなく、クリエイターとしてWebデザイナーを目指すことをお勧めします。

その為に必要な技術として、HTMLとCSSは基本として理解しておく必要があります。
逆に、これを理解していなければ、Webデザインを仕事にするのは難しいと考えておきましょう。
Webデザインが必要とするソフト、Photoshop、Illustrator、Fireworks、Dreamweaver等は一般的に使用されているソフトウェアです。

Webデザイナーを志すのであれば、一通り使いこなせるようになっておくことが求められます。
プログラマー言語ではありますが、昨今では、PHPやPerlといったプログラムの知識も重要となっており、Webデザイナーとしても基礎を知っていることで、他の人と差をつけることができます。

Webデザイナーに向いている人

Webデザイナーとは、インターネットの世界では欠かせない存在であり、情報発信者と利用者を結びつける働きを担います。
発信者の架け橋となるようなコンテンツ作成をして、集客やサービスの販売等を行います。
どのサイト作成にも、緻密さと根気良さが求められます。
妥協せず、常に新しいことに挑戦するチャレンジ精神と、画像処理やコンテンツ作りに必要な細かな作業も丁寧にできる人がWebデザイナーに向いている人と言えるでしょう。