ツアーコンダクターになるには?

  1. >
  2. >
  3. ツアーコンダクターになるには?

あこがれの職業、ツアーコンダクターになりたい

沢山の国や地域にお客様をご案内する仕事、ツアーコンダクターに憧れを持っている方も多いでしょう。
様々な場所に行くことができますし、人と人との触れあいがある非常にやりがいのある仕事です。

ツアーコンダクターは、旅行会社に就職しツアーコンダクターとして働く方法と、ツアーコンダクター専門派遣会社に登録して派遣として働くという二つの方法があります。

大手旅行会社については学歴など厳しい条件がある事もありますが、大手以外は学齢にあまりこだわっておらず、高校卒業で即ツアーコンダクターとして働くという人も少なくありません。

勿論短大、大学、大学院や専門学校等を卒業してからツアーコンダクターになる方もいます。
就職するときに資格を保有していないとなれないという事はありませんが、海外に添乗するツアーコンダクターを目指す場合TOEIC等の成績が求められることもあります。

ツアーコンダクターとして旅程管理主任者資格を取得する

ツアーコンダクターになるために旅行会社に勤務してから取得することになると思いますが、旅程管理主任者の資格を取得する事が必要です。
この資格がないと就職できないという事はありません。
ただ、キャリアとしてこの先必ず必要となる資格です。

旅程管理主任者資格は、国内旅程管理主任者と総合旅程管理主任者があります。
国内旅程管理主任者の場合、国内旅行以外の扱い以外できませんが、総合旅程管理主任者の場合、国内、海外の添乗も可能となります。

ツアーコンダクターになるためには何が必要?

お客様がかなり多いというときもありますので、人に対して明るくしっかりとコミュニケーションが取れるという事が必要ですし、時間を守ってスケジュール通り運ぶために、統率力が必要です。

旅行中はどんなトラブルが起こるかわからないので、何か起こっても冷静に判断し必要な行動ができる冷静さも必要になりますし、何よりも旅行に行くことが好きという資質が求められます。