Webデザイナーの現状と将来性はどうなの?

  1. >
  2. >
  3. Webデザイナーの現状と将来性はどうなの?

Webデザイナーが活躍する場

今やインターネットはあって当たり前、スマホやタブレット端末等のプラットフォームも飛躍的に発達し、もはやインターネットを使っているという感覚もなく生活に溶け込んでいます。
以前の日本ではインターネットといえばパソコン操作のみで、一般人の利用目的もさほど幅のあるものではありませんでした。

その為、当時のWebデザイナーの仕事も「広告」に関わるものがほとんどで、企業の商品やサービスのプロモーション制作作業が主な内容です。
現在、インターネットをとりまく環境は多様化し、「インターネット」に対して特別感を抱くことはなく、遊び、仕事、日常生活全ての人の暮らしの中に当たり前の存在となっています。

つまり、Webデザイナーが活躍するWeb業界は、日々目まぐるしく進化しており、新しい技術や新しい環境が次々と誕生していることになります。
未開の地の開拓者であるWebデザイナー、クリエイターは、様々な分野で求められていますので、スキルや能力を持った人材が不足しているのが現状と言えるでしょう。

Webデザイナーが活躍する場は非常に幅が広く、また曖昧な分野となりますので、人によってはHTMLに起こすことを専門にしていたり、Web利用者のマーケティングまで管理していたり、どちらも同じ「Webデザイナー」という定義でくくられる傾向にあります。
そして、Web制作会社の場合はデザイナーをはじめ、ディレクター、コーダー、プログラマー等、作業の担当者毎に分業していますので、より細かく職種分けされているのが一般的です。

Webデザイナーの将来性

インターネットのある生活が当たり前となった現在、Webデザイナーの将来性はますます広がりを見せると想像できます。
ただし、Webサービスの内容がどんどん進化し増加している現在において、曖昧で自由度の高いWebデザイナーという職業は、クリエイターとしての個性をアピールすることが非常に難しくなってきています。

この分野に何を残せるか、Webデザイナーを目指すという方は、オリジナリティを生み出すアイデアも必要となっていることを認識しなければいけません。
Webデザイナーとして長く活躍していることも大切ですが、そのキャリア以上に「新しい発想」がものを言う分野になっていることを知っておきましょう。
その分、Webデザイナーを目指す人には広き門が開かれており、若い人でもアイデア次第で活躍しやすいとも言えます。

スキルや知識はもちろん、様々な事に挑戦し、自分の個性を上手にアピールすることで、日々進化する世界でも第一線で活躍するチャンスをものにすることが可能になります。
クリエイターとしてフリーでも活躍する人も多い職種の為、新しいニーズや仕様にいかに対応していける人材になれるかが重要と言えるでしょう。